1. 自分自身でまずはイーマ・サウンド®︎の体験セッションを受けてみる

イーマ・サウンド®︎の有資格者の中には自分が施術を受けたことのない人もいます。自身のからだで実際に体験せずに自分以外の誰かに施術を行うための資格を取りに行くということに正直驚きます。イーマ・サウンド®︎の素晴らしさをしっかりと伝えていくためにも自分自身がまず体験する!これは必須条件です。

2. 体験セッションで効果を体感できた人はフルセッションを受けてみる

最低ラインの体験セッションを経たならOKですが、やはり体験は体験。フルセッションとはその効果が圧倒的に違います。そして、フルセッションで一度でもエネルギーを整えていれば資格を取った後、自分が誰かに施術を行う度にすべてが自分にもよい作用として働きます。是非、資格取得前にフルセッションを受けられることをオススメします。

3. 資格養成講座事前説明会に参加する

フルセッションでイーマ・サウンド®︎の効果を大いに実感し、その未来に確信が持てたらまずはイーマ・サウンド®︎・プラクティショナー資格養成講座を受ける前に事前説明会に参加する必要があります。この説明会に参加することでプラクティショナー資格養成講座を受講する前条件が満たされます。すでにイーマ・サウンド®︎の体験なりフルセッションがお済みの方は以下のボタンをクリックし、メールアドレスを登録すると事前説明会のご案内などへとつながります。

4. イーマ・サウンド®︎・プラクティショナー養成講座を受講する

事前説明会に参加した後、いよいよプラクティショナー資格養成講座に参加することが出来ます。講座は毎月1回、都内にて連続する2日間で行われます。ここで初めてイーマ・サウンド®︎創始者である松下幸訓先生から直接たくさんのお話と実技指導の講義を受けることが出来ます。毎月開催される講座はどんどん進化し、常に定員いっぱいの熱気の中で開催されています。この講座の充実度は今や過去最高レベルであることは間違いありません。

5. 晴れて認定をもらう最後のステップ

プラクティショナー資格養成講座を2日間受講したら資格認定がもらえる訳ではありません。その後、10人の施術を各自が行い、そのレポートを10人分提出しなければなりません。それを松下先生が1枚1枚しっかりとチェックされています。10人分のレポートがすべて合格すると晴れてプラクティショナー資格が認定されます。このディプロマが届いた時の歓びはひとしおです。